p2ユーザーズ

diffファイルの使い方

rep2や拡張パックの更新で拡張子 .diff のファイルが配布される事がありますね。
このファイルの扱い方についてです。
(とりあえず fedora での操作のみ説明します。)

  1. diff ファイルをテキストエディタで開き、中に書いてあるパスを確認します。
    	diff -Nru rep2ex-080826/conf/conf.inc.php rep2ex-080827/conf/conf.inc.php のような行を見ます。
    	ここが rep2 ディレクトリを含む(rep2ex-080826/conf/conf.inc.phpの形)か
    	含まない(conf/conf.inc.phpの形)かを覚えておきます。
  2. 更新したい rep2 フォルダに移動します。
    	cd /var/www/html/rep2ex
  3. patch コマンドで diff ファイルに書かれている変更を実行します。
    	patch -p1 < rep2ex-080826-080827.diff
    	この時、 diff ファイルに書かれているパスが rep2 ディレクトリを含む場合は -p1、
    	rep2 ディレクトリを含まない場合は -p0 とします。
    	
    	#-p オプションは、パス中で無視するスラッシュの数(ディレクトリの数)を指定するものです。
    	#この例の場合、rep2 ディレクトリがカレントディレクトリなので、diff ファイル内にも
    	#rep2 ディレクトリが含まれている場合は1段階無視してやらないといけません。
    	#この指定が間違っているとファイルを見つけられないので
    	#can't find file to patch at input line x
    	#Perhaps you used the wrong -p or --strip option?
    	#というエラーが出ます。
  4. ファイルを直接開いたり、rep2の動作を確認したりして、更新された事を確認します。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-27 (水) 10:33:58 (3224d)